ブログパーツ

  • Friend Me!
  • ぽちっと
    ポチッとよろしく!
  • Geotargeting

    ジオターゲティング

最近のトラックバック

石橋

聖地を巡る

近代化遺産「横島干拓」

 今日はななみの今年初番屋ラーメンと、レポート用資料探しのため横島図書館につきあってきました。 ついでに久しぶりに横島干拓堤防を巡り、菊池川河口から有明海を眺めて帰りました。約5kmにわたる堤防に圧倒されますね。 干拓の画像を撮り忘れた(^_^;ので、1枚目はずいぶん前に撮った干拓中央部にある末広開樋門です。あとの2枚は今日撮った菊池川河口です。

Posted by 井芹 知弘 on 2016年1月10日

早鐘眼鏡橋(大牟田)

 久しぶりに石橋巡りです。 大牟田の早鐘眼鏡橋の写真をやっと撮ることができました。延宝2(1674)年2月に架橋された日本最古の石造水道橋で国指定重要文化財だそうです。 県道3号大牟田植木線沿い。三池工業高の近くにあります。 いつも県...

Posted by 井芹 知弘 on 2016年1月7日

『ザ!鉄腕!DASH!!』で石橋造り

山鹿に残る石橋展

Minidvc00029

 念願の企画展「山鹿に残る石橋展」が、山鹿市立博物館で8年ぶりに開催中です。

 博物館前に移設された大坪橋や日輪寺に移設された湯町橋、熊本県内最古の洞口橋(とうぐうきょう)の古い写真を見ることができます。

Yamagaishibashiten1

 展示内容は8年前とほとんど変わってないと思いますが、今回は、2011年に美里町で開催された種山石工養成講座の報告写真が見ものです。

 石材の切り出しから始まり、整地し支保工を組み、実際に石橋を架けるまでの様子を見ることができます。
 完成した石橋の写真には、「日本でいま一番新しい石橋」 とタイトルが付いてました。たしかに!

 博物館のつつじはまだまだこれから。GWには大坪橋をきれいに彩ってくれるでしょうね。

Minidvc00031

菊鹿鹿北の石橋巡り

Minidsc00511

 秋の3連休初日は、菊鹿地区の仕事仲間で山鹿市北部地区に残る石橋(眼鏡橋)を巡りましたbus

 インストラクターはもちろん私、石工でありますσ(^_^;

 夏休みに世界のS田社長と、距離や所用時間、マイクロバスの駐車場所を下見し、綿密な(?)計画を立てて臨みましたgood

 参加したのはちょうど20人。僕の浅~い知識と拙い説明にもうなずいてくれる、やさしい仲間たちですcoldsweats01

 山鹿地区の石橋は、種山石工より古い歴史があると同時に、明治以降道路網整備のために造られた比較的新しい石橋が多いのも特徴ですpencil

 鹿北町瞑想の森公園の女田(おんなだ)橋水天宮1号橋同2号橋を見学して、国道3号線のために架けられた高井川橋の上で記念写真撮影camera

 その後岳間の田中(たんなか)橋、車窓から山内橋を眺め(気がついたら通過してました…)、県内最古の洞口(とうぐう)橋を見て回りました。

Minidsc00512

 夜は、菊鹿町あんずの丘公園内にあるきくか茶屋で交流会beer
 美味しい料理を肴に、石橋の写真集を眺めながら、ここでも石橋談義で盛り上がりましたbook

 僕の趣味につきあって下さった参加者のみなさん、ありがとうございましたhappy01paper

 

皇帝ダリア

Dvc00075

 今年の秋になって、背の高い薄紫の花をあちこちで見かけるようになりました。通勤途中には、2階の窓の高さくらいのものもあります。

 花好きの母に尋ねたら、皇帝ダリアという名前だそうです。実家の庭にもしっかり咲いていましたcoldsweats01

 先日大牟田にショッピングに行った帰りに立ち寄った荒尾市の岩本橋のそばにも、上品な花を咲かせていました。高さがあるので、茎のいちばん太い部分は5cmくらいありますcoldsweats02

 花と石橋は、僕の被写体として最強のペアですねscissors

 
Dvc00084

宮原SA眼鏡橋

Minidsc04937

 星野富弘美術館に向かう途中、九州道下り線の宮原SAで、新しい石橋を発見しました。

 宮原SAがある氷川町の隣町、八代市東陽町は、肥後の石工の代表である種山石工の故郷です。そのモニュメントがいつの間にか造られていました。

Minidsc04942 長さは5mくらい、幅は1mくらいでしょうか。両脇を大きな石で支え、壁石はセメント(?)で固定してあります。

 モニュメントとはいえ、石橋は石橋。朝からとても元気になりました。

 今年は県央、県南の石橋をたくさん巡ってみたいと思います。

 

 

第1回人吉球磨石橋の旅完結

 石工のメインHP『石工の里へようこそ』「石橋写真館」に、昨年11月14日に撮影した人吉市と球磨村の石橋3橋をやっとUPしました。

 まずは、人吉市の国宝青井阿蘇神社前の蓮池に架かる禊(みそぎ)橋。県内でも珍しい3連アーチ橋です。
Minidsc04228

 次に、人吉市下原田町の石水寺門前眼鏡橋です。紅葉がとてもきれいでした。
Minidsc04267

 そして、球磨村一勝地の橋詰橋。昭和30年という戦後に架橋された珍しい石橋です。
Minidsc04276 

 次回は、「ビタワンズが巡る大津の石橋」を紹介します。 

灯台もと暗し

Minidsc01322

 同僚の大先輩O先生が、「すぐそばの自転車道に石橋があったよ」と教えてくださいました。

 すぐ連れて行ってもらったら、職場の北東200mの所、熊本山鹿サイクリングロード(ゆうかファミリーロード)にしっかりした凝灰岩の石橋が!

 この道はもともと鹿本鉄道の廃線跡をサイクリングロードにしたもので、途中駅の跡もわずかに残されています。

 わずか50cmくらいの用水路をまたいだ石橋です。径間は小さいですが、線路が敷かれていただけに幅は約8mもあります。

Minidsc01323

 石工のバイブル『熊本の石橋313』にも、山鹿市立博物館が2006年に開いた「山鹿の石橋展」の資料にも載っていません。線路の一部として石橋に分類されなかったんでしょうか。

 線路が敷設されたときに、他にも造られた可能性は高いです。近いうちに捜索ツーリングをしたいと思っています。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

石工の本棚

無料ブログはココログ